魄帰山 長泉寺 (きんきざん ちょうせんじ)


宗派      浄土真宗本願寺派
所在地    〒758-0032 萩市北古萩161
地図
電話         0838−22−2419
住職        木村智誠 第一五世 昭和10年8月8日生
本尊        阿弥陀如来
伽藍        本堂(嘉永年間)/ 山門/ 庫裏/ 位牌堂
沿革        毛利家家臣、佐伯玄清が出家して祐念と名乗り、東田町に草庵を結んだのに始まる。寺伝によれば文禄二年(1593)という。祐念は西本願寺に学び、長らく良如上人に仕えていたので、現本尊の阿弥陀如来、寺号の許可を得て帰郷したが、草庵が手狭なため、毛利家から唐樋の地を拝領し、清光院殿の古堂を下された。寛永二十年(1643)という。その後寺地が札場になるため東田町(雑賀下り)に移り、さらに第五世智応の代、元禄年間(1688〜1703)に今の地に移った。現在の本堂は嘉永年間(1848〜53)の建立である。第一二世蘭蔵代から佐伯姓を木村姓に改姓したが、累代血縁継承している。
年中行事 永代経法要(6月4〜6日)/ 報恩講法要(10月28〜30日)/ 婦人会法要(3月)
寺宝等      阿弥陀如来像(本願寺良如上人より授かる) 七高祖像/ 聖徳太子像/ 親鸞聖人像/ 蓮如上人像/ 釈尊立像画
歴代住職 開基祐念(明暦三年没)/ 第二世円海(延宝三年没)/ 第三世雲随/ 第四世大弐/ 第五世智応(享保五年没)/ 第六世琢応(延享二年没)/ 第七世実門(寛延四年没)/ 第八世智門/ 第九世龍海/ 第一〇世智念/ 第一一世智憧(以上佐伯姓)/ 第一二世蘭蔵(明治三十八年没)(以下木村姓)/ 第一三世実誠(昭和十二年没)/ 第一四世民栗 
有名人   豊田勝蔵